自分でできる頭髪ケア

 

薄毛や抜け毛、切れ毛や髪の毛の痛みなどが気になることがあります。
そのような時には、まずは自分でできる頭髪ケアを行ってみるのも良い方法です。
健康で美しい髪の毛のためには頭皮を健康にすることが大切になってきます。
そのための頭髪ケアとしておすすめなのは頭皮のマッサージです。
頭皮が固くなってしまうと健康な髪の毛が生えにくくなってしまうことがあるため、マッサージで頭皮を柔らかくして血行を促進することで健康な髪の毛に大切な栄養が行き届きやすくなり、ヘアサイクルを正常化する効果も得ることができます。
やり方はまず、両方のこめかみに両手の親指以外の4本の指の腹をあてます。
そしてちょっと強めの力でこめかみを上に持ち上げるような感じで押します。
この時に爪がこめかみに当たらないように注意しましょう。10秒くらい押したら、少し上に指をずらしてまた10秒押します。これを1分間ほど繰り返して行います。
次に後頭部の髪の生え際の部分を両手の親指の腹を使ってぐっと上に押し上げる感じで10秒押し、少し場所をずらしてまた10秒押しましょう。
1分間ほど繰り返すようにします。マッサージはこれだけです。
いつ行なってもかまいませんが、入浴の際など体が温まっているときに行うと効果的です。
また普段からできる頭髪ケアとしては、紫外線を髪や頭皮にあてないようにすることです。
紫外線が髪や頭皮に当たると乾燥やダメージを受けます。髪の毛用のUVカットスプレーや帽子、日傘などを利用して紫外線から髪や頭皮を守るようにしましょう。

頭髪専門クリニックの特徴と治療内容

頭髪専門クリニックは、薄毛や脱毛症を治療することに特化した医療機関です。
民間療法とは異なり、医師による薄毛治療が受けられることが特徴になります。
治療を担当する医師は皮膚科の専門医であることが多く、薄毛や発毛のメカニズムについて熟知しています。
確実に薄毛を治療できることが頭髪専門クリニックの最大のメリットです。
頭髪専門クリニックでは、問診や頭皮の状態を検査することによって、薄毛の原因を突き止めます。
原因に応じて最適な治療を行うことによって発毛に導きます。

頭髪専門クリニックの主な治療法としては、AGA治療薬を使用した薬物療法や、人工毛植毛や自毛植毛などです。
希望をすると、医療用かつらも作ってもらえます。
頭髪専門クリニックが行う薬物療法は、ミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬を使用して行われます。
薄毛や脱毛の症状に応じて最適なAGA治療薬を処方してもらえますので、安心して治療が受けられます。
AGA治療薬は高血圧症や心臓に持病がある人は服用できないので、その場合は植毛によって薄毛治療をします。

頭髪専門クリニックの植毛には、人工毛植毛と自毛植毛があります。
人工毛植毛は人工毛を頭皮に移植することによって行われます。
かなり薄毛が進行していても植毛をすることが可能です。自毛植毛は自分の毛髪を薄毛の部分に移植する形の植毛になります。
自分の毛髪を移植するため、ある程度の量の髪の毛が残っていることが必要要件です。
自分の毛をそのまま移植するため、自然な形で増毛できることが自毛植毛のメリットです。

発毛サプリメントの概念と効果

よく、発毛サプリメントという言葉を耳にしますが、一体これが何であるか説明していきましょう。
まず、発毛と育毛についてしっかりと知っておく必要があります。
発毛とは髪が生えることをで、育毛とは髪を育てることになります。
発毛は再生医療として薄毛が進行している人にAGA治療などの側面として医療で行われます。

育毛の概念は、髪を育てることにあり、必ずしも髪を生やすわけではなく、あくまでも努力となります。
では、サプリメントについて話すと、サプリメントは医薬品とはしっかりと区別される点があり、医薬品は効果と副作用がハッキリとしていますがサプリメントは補助剤となるため、効果を謳いながらハッキリとした効果があるとは言えないものです。
ただ、副作用に関しては懸念が低いと言われています。
本来、発毛サプリメントという言葉は不一致であり、、育毛サプリメントと言うべきでしょう。

発毛サプリメントとは、育毛よりも高い効果が期待できるために開発されたサプリメントでありながら、あくまでも補助的要素として上乗せの効果を期待するものです。
近年、AGA治療の側面が高まると、これらのサプリメント市場は巨大なビジネスとして形成され、多くの販売者が取り扱うようになりました。
中には、誇大広告で宣伝して高い価格で売り、AGAで悩む人をターゲットにする悪徳業者もいるようです。
発毛サプリメントを購入する場合は、発売元のしっかりとした、成分や効果など多くの情報を開示する販売者から購入することが良いでしょう。

発毛サロンの薄毛の最先端ケアを

発毛サロンは薄毛の症状や脱毛症で悩んでいる人が通っており、最先端ケアで発毛や育毛を促進します。
初回には入念なカウンセリングが行われ、頭皮チェックをすることによって、ケアの方針を考案します。
個人の頭皮の状態に応じて適切なケアが行われるため、薄毛の改善の効果が期待できます。 発毛サロンには最先端の機器が揃っており、最先端の方法で頭皮ケアが行われています。 頭皮チェックをする際には高倍率のマイクロスコープが使用されており、頭皮の状態を隅々まで確認することが可能です。

マイクロスコープを使用することによって、頭皮の状態が細部までわかるため、脱毛の原因が何であるかを突き止めることができます。
遺伝子検査も行われ、DNAを解析することによって、遺伝因子による抜け毛の原因を突き止めます。
毛穴の詰まりは抜け毛の大きな原因になるため、発毛サロンでは遠赤スチームを使って頭皮の毛穴を開けます。毛穴が開くことによって、毛穴に詰まっている皮脂や汚れを綺麗に洗い落とすことが可能になります。
シャンプーも入念に行い、頭皮の汚れや油分を完全に洗い流します。
毛穴の汚れを綺麗に落とすだけでも育毛の効果は十分期待できますが、頭皮に発毛促進剤を塗ることによって、期待できる発毛効果をさらに高めます。
これらのケアに加えて頭皮にオゾンを照射することにより、細くて弱い毛髪を太くて丈夫な毛髪に導きます。
オゾン照射によって毛髪が蘇りますので、毛髪のボリュームアップにつながります。

発毛効果が得られる時期は人それぞれ焦りは禁物

薄毛や抜け毛が気になり、直接頭皮に浸透させる薬を用いたり、サプリメントを利用する人たちが増えてきていますが、発毛効果が実感として得られるのは数か月経ってからであり、1か月程度で変化がないとあきらめてしまうのは早すぎます。

男性ホルモンが影響している場合、DHT抑制の効果が得られた後に通常の毛周期に合わせて毛が生えてくるようになるまで時間がかかります。
血行不良が原因で毛が無くなっていた人も同様で、血流が改善したからといってすぐに太くて強い髪の毛が生えてくるわけではなく、毛母細胞のに変化があらわれ毛根が強くなり、毛に栄養分が行き渡りやすくなって途中で抜けることが無く、順調に伸びるようになるまで強さを取り戻さない限り、生えても抜けやすい状態が続きます。

発毛効果は、有効成分の浸透しやすさや体質によっても大きな違いがあります。
他の人が早期に結果が出た製品でも同じ効果が得られる訳では無いため、3か月から半年程度使ってみても改善が期待できない時には別な製品に変えてみるなどして、自分の体質に合ったものを見つけることが肝心です
。発毛効果を得るために、必要以上に頭皮につけたり揉みこんだりすると皮膚や毛根を傷付け、余計に悪化させてしまうことがありますから誤った使い方だけは避けるべきです。

発毛剤や育毛剤で全く変化がないときには、植毛などで髪の毛を生やすこともできるので、諦めたりせずに医師に相談を行うと良いです。
植毛でもすぐにふさふさになる訳ではなく、毛が生えそろうまで半年程度は必要です。

発毛剤の種類と期待できる効果

発毛剤には医薬部外品と医薬品があります。
ドラッグストアの店頭で販売されているものは医薬部外品のものが多く、発毛効果や育毛効果が期待できます。
医薬部外品ではない発毛剤もあり、自然由来の成分が配合されているので頭皮に優しく、毛髪の健やかな生育を促進します。

医薬品の発毛剤は、薬事法によって発毛と育毛の効果が認められています。
AGA治療薬とも呼ばれており、入手するには医師の処方箋が必要になります。
個人輸入の代行業者を利用すると、海外で市販薬として販売されているAGA治療薬を処方箋なしで購入することが可能です。

AGA治療薬には頭皮に塗るタイプと飲むタイプのものがあります。
塗るタイプのものはミノキシジル等の発毛成分が含有されており、頭皮の血行を促進して発毛を促します。
飲むタイプのAGA治療薬は、ミノキシジルタブレットやプロペシアなどがあります。
AGA治療薬は確実な発毛効果が得られますが、医薬品ですので副作用のリスクがあるため、心臓病などの疾患がある人は服用が禁止されています。

医薬部外品の発毛剤やAGA治療薬は、頭皮の血行を改善したり、抜け毛の原因になる男性ホルモンの過剰分泌を抑える働きがあります。
頭皮の血行が改善されると毛母細胞に栄養が十分に行き渡り、太くて丈夫な髪の毛が生えてきます。
より優れた発毛効果を得たい人はAGA治療薬がおすすめで、副作用の心配がある人は、医薬部外品の発毛剤がおすすめです。

気になる薄毛・頭頂部の発毛方法物

男性で頭頂部や生え際あたりの薄毛が気になるという人は多くいます。
その症状はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれており、何もケアしないで放置すると症状が進行してしまう恐ろしい存在です。
遺伝や男性ホルモンの影響で起きるとされるAGAは専門の医療機関や治療薬があり、発毛方法はさまざまあります。

まず治療薬として医療機関にも見とめられたものにプロペシアがあります。
プロペシアは抜け毛の原因になる酵素の活動を抑制するフィナステリドという成分が配合されており、頭頂部の発毛方法として多く用いられています。
ここに頭皮ケア目的の育毛剤ミノキシジルを使って発毛環境を整えて発毛効果をより良くするというのがAGA治療の基本とされています。

また、これらの治療薬による発毛方法以外に生活習慣や食生活で頭頂部などの薄毛を改善することができます。
髪が生えている頭皮は血行不良になると硬くなり、毛乳頭細胞に栄養が運ばれなくなってしまいます。
タバコの喫煙でも頭皮に血行不良につながるため、薄毛で悩んでいる人で喫煙しているという人は禁煙をおすすめします。
このような頭皮の血行不良を解消するには野菜や魚といったバランスの良い食事を心がけることが重要になります。
特に亜鉛はたんぱく質を合成してくれる働きがあるため髪の毛を作るときにその力を発揮してくれることから亜鉛を含んだ食材を選んで食べるようにしましょう。
また、ジャンクフード類には亜鉛の吸収を阻害する添加物ポリリン酸が含まれていることが多いため、食事選びは注意しておこなうようにしましょう。

毛母細胞を食べ物で活性化させる

発毛のポイントは毛母細胞を活性化させることです。
毛母細胞は毛乳頭から栄養や酸素を受け取って細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を伸ばします。
毛母細胞は日常生活では滅多に破壊されないので、意識して活性化させれば薄毛が進行していても髪の毛が生えます。
毛母細胞は食生活を変えると活性化が期待できます。牡蠣やホタテ、レバーなどに含まれる亜鉛は、髪の毛の主成分であるケラチンの合成に使われます。
また毛母細胞が特に影響を受けて活動が低下しやすいジヒドロテストステロン対策になります。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンと5αリラクターゼが結合して作られる脱毛の原因です。
亜鉛はテストステロンと結合するため、5αリラクターゼの働きを予防できます。
次に大豆製品に含まれるイソフラボンは、毛母細胞を活性化させる女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。
エストロゲンは髪の毛を太くしてハリを出します。納豆や湯葉、豆乳など日本は大豆製品が豊富です。
そして亜鉛の吸収を促進するのがクエン酸とビタミンCです。クエン酸には亜鉛を包んで体が吸収しやすい形に変えるキレート作用があり、ビタミンCがこの作用を高めます。
ビタミンCは抗酸化作用があるので、血液の流れがスムーズになり頭皮環境の改善につながります。
ビタミンCは1回で大量に摂取しても2~3時間で体外に排出されます。
よって果物や野菜を多く食べられない場合は、サプリメントでこまめに補給します。毛穴化粧品おすすめ